2006年11月01日

ミミの歴史(パート3  〜 レニー 〜)

今日は ミミの成長過程で なくてはならない人物(犬物?)

レニークマ(通称・・・れん子)について語りたいと思います。

彼女は22年前に(もう そんなに前・・)知人から一時預かりの後

貰い受け 我が家の一員となったワンです。(生後2ヵ月程で)

「柴犬だから あんまり大きくならないよーHello」と言われていた

のですが、何の 何の!! 目  (柴犬?じゃあない!?)

最盛期には28.7kgの体重を誇る大型犬と なりましてね。

性格は おっとりとして穏やか・容姿端麗・ そして・・・・・・

何よりも とてもとても賢い忠犬でした。(親バカ・・お許しをふらふら

私は物心ついたころから、ワン・ニャン・鳥・亀・虫(笑)等と

暮らしてきましたが、このレニーにだけは特別な思い入れが

ありますねぇ・・・犬(足)

16年という長い月日を共にした事も大きいですが、何よりも

彼女の場合 私に初めての経験を させてくれたのです。

そう・・・・・、 「老犬介護」でした。。。

レニー花.jpg

       女盛り(?)だった頃の れん子るんるん


ニックネーム みみ子 at 23:46| Comment(6) | TrackBack(0) | レニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする